火災警報器は2種類あることをご存知ですか?

smoke detectors

例えば年始に火災警報器の電池を交換することを習慣づけられているアメリカのご家庭も多いですが、火災警報器が2種類あることをご存知の方は少ないようです。

実際90%のご家庭では1種類の火災警報器しか設置されていないというデータがあります。

 

電離火災警報器(イオン化型煙探知器.)

電離火災警報器は一般的に災に対応します。

因みにほとんどのご家庭で使用されているのがこちらのイオン化型タイプの火災警報器です。

もしあなたの火災警報器がキッチンでちょっと火を使っただけなのに警報が鳴り響く場合はこのイオン化型タイプの可能性が大です。

もっと正確にどちらのタイプの火災警報器かを確認するには、警報器の裏側を見れば直ぐに確認できます。

イオン化型火災警報器の裏側にはContain a trace amount of a radioactive material, Americium 241と書かれています。

 

どのように作動するか:

イオン化型煙警報器は、空気をイオン化してプレート間に電流を流す2つの帯電したプレートの間に少量の放射性物質を有する。 煙がチャンバに入ると、イオンの流れが乱され、電流の流れが減少し、アラームが作動する。

 

光電子火災警報器(煙探知器)

長期間の余燼(くすぶりで始まる火災)に対して、一般的により反応します。

 

どのように作動するか:

光電子式スモークアラームは、センサから離れた角度で検出チャンバに光源を向けます。 煙がチャンバに入ると光センサに光を反射し、 アラームが作動する。

 

炎が燃え上がる火災とくすぶりで始まる余燼火災はどちらも致命的な火災です。

火災の種類や発生時期を予測することはできません。

眠っている、または起きているに限らず、どちらの火災が発生しても適切に対応&非難ができるよう、イオン化と光電子の両方のスモークアラームを設置することをお勧めします。

両方の技術を1つのデバイスに組み込んだスモークアラームも販売されています。さらにバックアップ電池を備えたタイプで安心・安全を得てください。

2種の技術を1つのデバイスに組み込んだ火災警報器の例:

[amazon_link asins='B00O8MVW44' template='ProductCarousel' store='j0583-20' marketplace='US' link_id='441fec56-d16e-11e7-ab4b-b9399ce4ede4']
error: Content is protected !!
Call Now